1. ホーム
  2. 私の美白体験
  3. ≫37歳 出産後は、シミそばかすが出てきて・・・美白といえばビタミンCでしたが今は

37歳 出産後は、シミそばかすが出てきて・・・美白といえばビタミンCでしたが今は

20代の頃には何故か美白化粧品のビタミンに過剰反応して痛くて使えませんでしたが30歳を過ぎると肌の老化のせいか刺激を感じなくなり使えるようになりました。

一番しっかりケアしないといけなかった時期を過ぎてしまったようには思いますが、その分を取り返す様に今、頑張っています。

日々の手入れが本当に必要なのが美白だと思います。若い時は気にもならないシミそばかすも特に出産後に激しく浮き出て来ます。

妊娠中は体調によってケアできませんが頑張って続けるしかないといった感じでしょうか?

また外からのケアプラス、コラーゲンドリンクなどの服用も必要だと思います。

肌に刺激を感じる時は含有量の少ないもの(比較的低価格なもの)から始めると肌への刺激がありません。

しかし実際の効力はやはり一定量以上の物の方が効果が見られるように思います。

使い始めは実感がありませんが1ケ月を過ぎるころには周囲の人から「肌が変った」と言われました。

即効性のあるものではないので自分に合った刺激の少ないものでも日々使用することで確実に肌が若返るように感じました。

顔のくすみケアに、美白化粧水プラス、シートマスク、マッサージ

美白化粧水に変えるだけではなく、シートマスクやマッサージをすることによって血行が良くなりくすみもなくなっていくように感じます。

では、「美白化粧品でもなくてもよいのではないか?」と思われるかもしれませんが、そうではなく、やはりビタミン含有量、また相乗効果のあるコラーゲンなども含まれていると効果を上げてくれるように感じます。

私の場合はここぞという日に向けて特に集中ケアを行います。

朝晩の化粧水・乳液・美容液に加えて、マッサージ用の美白化粧品やアンチエイジング化粧品でリンパをしっかりマッサージし、指腹でゆっくり丁寧にマッサージしていくことで血行を良くしくすみを消していく感じです。

くすみは上から塗れば多少は消えますが、やはり中からのケアが大切だと思います。

コラーゲンの摂取や、マッサージ、また美容液等と一緒にビタミンを肌へ吸収させると非常に効果がありました。

金額ではないと言いたいのですが、普段のケアに加えることで価値がありそうなのでやはり「金額」という事になるのでしょうか。

ハイドロキノンは使い方を間違えないように

皮膚を紫外線などによる損傷から守る作用がある一方で発がん性が指摘されており、現在ヨーロッパでは使用が禁止されている国もあるようです。

日本でも化粧品への含有量として2%までが許可されており、それ以上になると病院での処方が必要になります。

使い方をあやまらなければメラニンが作られる過程をブロックすることでメラニン自体を減少させる働きがあるようですがハイドロキノンは強い漂白作用を持ち使用料を間違えると刺激性皮ふ炎や赤みやかゆみを伴うこともあるようです一般的な化粧品に含まれているものをうまく使用し、上手に美白を手に入れたいと思います。

早くきれいになりたいからと容易に医師に処方して頂くのではなく、含有量の少ないものから日々のお手入れに導入しゆっくりでも良いので効果が見られる事を実感したいです。

クリニックでの治療に匹敵するほどの効果があると言われているので処方をして頂くより、お化粧品による日々のお手入れで美しくなれたら嬉しいですね。

独身時代には気づかなかったシミ、そばかすが出産後

アンプルールのラグジュアリーホワイトは、現在使用した事はありませんが、HPを拝見する限り効果にとても期待が持て興味がわきました。

実際に独身時代には気づかなかったシミそばかすが出産後一気に出始めました。

「今更」と言わず今からでも綺麗な肌になりたいと思うのは女性の常だと思います。引っ越しで乾燥地帯へ来てから肌の乾燥もひどく見てわかるくらい老け込んだ感じがあります。

「ラグジュアリーホワイト」は保湿効果もあり、また美白効果もあるということなのでぜひ使用し美しい肌を今からでも手に入れたいと思いました。

初回トライアルキットもお手頃で1週間でどの程度の効果が見られるのか分かりませんが期待値はとても上がっています。

これから夏に向けて日差しも強くなり、室内に居ても紫外線が怖いので日焼け止めは勿論ですが日々のケアでこれ以上のメラニン生成は抑えなければなりません。そこでやはり使用してみたいのが「ラグジュアリーホワイト」だと思います。

多くの雑誌にも取り上げられていて高い評価を受けているようですので使用価値はあると思います。

シェアをお願いします。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。