1. ホーム
  2. 私の美白体験
  3. ≫36歳 皮膚科でハイドロキノンクリームを購入。気軽に使えず窮屈な感じでした

36歳 皮膚科でハイドロキノンクリームを購入。気軽に使えず窮屈な感じでした

ゆっくしと入浴しながらリンパを意識して顔のマッサージをします。

そのように肌の血行を良くした後で、美白化粧水をたっぷりとしみこませたフェイスパックをします。

美白には興味があり、美白化粧品もよくチェックしています。

美白化粧品は紫外線の気になる初夏~初秋に、いつもの基礎化粧品(敏感肌用のシンプルな物)にプラスして使っています。

主に化粧水や美容液です。

本来なら通年使用すべきものだと思いますが、やはり秋冬は乾燥の方が気になるので、ハリや乾燥対策の化粧品を使っています。

美白・乾燥どちらにも効果のある化粧品があればいいのですが、一般的に美白化粧品は使用感がさっぱりとして保湿効果が足りないものが多いですし、両方に効果があるとうたっているものは、どちらの効果も中途半端なものが多い気がします。

また値段の問題もあります。満足のいく美白・保湿効果のある化粧品を両方使い続けるにはお金がかかり過ぎます。

その時の肌の状態に合わせてどちらか一つを選らばざるをえません。また美白化粧品に関してはもうひとつ悩みがあります。

私は敏感肌なのですが、美白化粧品はピリピリと刺激を感じるものが多いです。

肌の状態が良い時は大丈夫なのですが、季節の変わり目などの肌の不安定な時期は特に刺激を感じてしまいます。

幸いなことに特に美白をしたいと思う夏場は肌が安定しているので、この時期に集中して使うようにしています。

私の最大の肌悩みは、くすみ

くすみは私の顔の肌の悩みで最も大きなものです。

シミや毛穴、ハリなども勿論悩みとしてあるのですが、それらはそう簡単には消せないものだと思っています。

その点、くすみは重い日もあれば軽い日もあり、時間帯によっても症状が違う様に感じるので、何とか改善できるのではないか、悩みの中では最も治しやすいのではないかと思うのですがなかなか上手くいきません。

全身を見ると私は肌が白いほうだと思うのですが、顔に関しては本来の肌の白さを発揮できていないように思います。

日焼けには気を使っているので日焼けはしていないはずなのですが、身体の一番白い部分の肌に比べると2トーンくらい暗い感じがします。

また、お風呂上りなどは血色も良く全体的に明るい肌色をしていますが、夕方などは特に暗い色になるように思います。

これは肌のくすみが原因だと思っています。

しかしそのくすみの原因がわかりません。

やはり年齢による代謝の低下や冷えでしょうか。

このくすみさえ明るくなってくれれば、気持ちも明るくなるのになと思う日々です。

皮膚科でハイドロキノンを購入した経験から

ハイドロキノンは美白に強力な効果がある成分だとは知っていますが、やや扱いが面倒で、副作用のリスクも大きいものという認識があります。

以前、身体の関節部分の黒ずみが気になった時に、皮膚科でハイドロキノンのクリームを購入したことがあります。

使うことが初めてだったので、比較的副作用の心配のない配合率の低めのものを出していただきました。

2ヶ月くらい使いましたが余り効果はありませんでした。

肘や膝などの皮膚の厚く固い部分だったこともあると思います。

顔などの皮膚の薄い部分であれば、もう少し効果を実感できたかもしれないですね。

この時印象的だったことは、常に冷蔵庫に保管しなければいけない面倒さと、塗った部分を紫外線に当ててはいけないという不便さです。

ついうっかりをしてしまうと全てが台無しになるというお話を聞いて、とても窮屈に感じました。

また、美白に関心のある方達のブログなどで、海外から高濃度のハイドロキノンを取り寄せて使ったレポートを読みました。

皆さん使用中は皮膚がむけたりしていて、綺麗にはなりたいけれどそこまでのリスクを負うのは恐いなと思いました。

私にとってハイドロキノンはあまり気軽に使えないものです。

ハイドロキノンの配合量と皮膚科との違いは?

まず目に入ったのは「新安定型ハイドロキノン」という言葉です。

私が面倒だと思っていた光や熱に弱いという扱いにくさが改善されているようで興味をひかれました。

皮膚科で買えるハイドロキノンクリームなどは冷蔵庫での保管が必須ですが、それが不要ということで、外出先にも持って行けますし、うっかり一晩出しっぱなしにして何千円ものクリームが台無しといったことが無いのはとても便利ですね。

しかし、気になった部分もあります。

まず、ラグジュアリーホワイトに配合されているハイドロキノンが皮膚科で処方されるハイドロキノンと成分的に何が違うのかということと、配合されているハイドロキノンの量です。

私を含め、今までハイドロキノンを利用したことがある者にとっては皮膚科などで買うことの出来る何%ハイドロキノンクリームというものが基準になっていることが多いと思います。

これと比べてどのような違いがあるのか、どのような効果があるのかが気になります。

また紫外線との関係も気になります。

以前ハイドロキノンを使っていた時は「塗った部分が紫外線に当たると余計にシミが濃くなってしまうので気を付けるように」と言われました。

衣服で隠れるようにするか、肌を出す場合はしっかりと石鹸で落とす事と。ラグジュアリーホワイトにはそのような注意書がないので大丈夫なのだと思いますが、なぜ大丈夫なのか説明がないと不安です。

興味はあり効果も期待できそうですが、それなりに高い商品ですので、不安な点は全て解消してから購入したいです。

シェアをお願いします。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。