1. ホーム
  2. 私の美白体験
  3. ≫43歳 美白化粧水をたっぷりしみ込ませたコットンでパッティングした後、パックをする。

43歳 美白化粧水をたっぷりしみ込ませたコットンでパッティングした後、パックをする。

誰もがある程度の年齢になってきたら、必ず気になるのが美白ケアです。

若い頃はシミやくすみなんて言葉は知っていても、多少日焼けをしてもすぐに戻っていたので、まさか美白に悩む年齢になろうとは思わなかった。

やはり、自分にシミができるという体験をしないと、分からないものです。

日傘もさしているし、フルーツもたっぷり食べてるし、私は白いままだわと思っていました。

でもある日突然気づくんです。

これって、シミ?くすみ?一応、昔から美白化粧水は使っていましたが、世の中にはたくさんの化粧品があるので、いいと聞くと別の物を試してみたくなる。

値段が高いと長くは続かないし、値段が安すぎても効果が無いのではと疑ってしまいます。

いままで色々な化粧品を試してみて、使い続けることができたのは、短期間で効果があったものです。

例えば数日や1週間。

効果が1カ月以上もかかるものはだめですね。

新しい美白化粧品を使った事を忘れてしまいます。

よく化粧品コーナーで「手を出してください」と言われて美白化粧品を塗られ、塗っている左手と塗っていない右手を比べて、「どうです、白いでしょう」というのがありますが、あれは効果が早すぎではないでしょうか。

化粧品に色素が入っているんでしょうか?

今は、あまり高価な物は使えないので、美白美容液を時々使ったり、朝に美白化粧水を使い、夜はたっぷりと潤い重視の化粧水を使って肌を育てています。

よく美容液はお値段がいくら以上じゃないと効果が無いといわれますが、自分の買える値段で口コミやランキングで見つけています。

昔からロングセラーで販売されている物や新商品に目がいきます。

この2つは全くかけ離れている物のようですが、ロングセラーの物はそれなりに実績があるので効果がある、新商品は今までなかった最新の技術が使われているので効果があるのではと思ってしまいます。

その中間にある化粧品はよっぽど宣伝されていたり、良いと言われていないと数多くある化粧品の中に埋もれてしまいますね。もちろん美白化粧品のサンプルをもらえたら、即試します。

40代になると顔のくすみは顕著に感じる

40歳を過ぎたあたりから、なんか顔色が冴えない。

ファンデーションを塗ってもなんか暗くなるような漠然とした不安がでてきました。

顔色がわるいのではなく、肌がくすんできてたんです。

急須やコップについた茶渋を見ながら、しみじみと私の肌はこんな状態なんだなと思いました。

台所用品であれば、キッチンハイターで取れるが、私の肌はどうしたらいいのかと。

くすんできた時にはこの化粧品、たるんできた時はこの化粧品と以前から決めていればすぐに対応ができるのでしょうが、くすみは急に気になるものだから、慌てました。

短期間で集中してどうすればいいのか調べました。

その結果、まずくすみを取るために洗顔が大切。古い角質をしっかりと取ってターンオーバーを促すとのことなので、泡立ちのいい酵素の石けんに替えました。

それから、たっぷり美白。化粧水はもちろん美白効果の高いものにしました。

でもなかなか改善されない。

くすみは顔が薄っすら暗い感じになるので、シミと違って効果が分かりにくいです。

肌の刺激は大丈夫?ハイドロキノンを初めて知った感想

ハイドロキノンは初めて耳にする言葉です。

ハイドロキノンについてよく知らないのですが、真っ先にホームページを見て飛び込んできた言葉が「肌の刺激は大丈夫?」でした。

なんかよく分からないがピリピリしたり、ピーリングの様に肌の表面の角質を剥がすような痛いイメージで、少し怖い感じがしました。

読み進んでいくと、たしかに他の成分と比べて10~100倍の美白効果があるのであれば刺激があるのだなと納得しました。

何でそんなすごい物が今まで使われていなかったのだろうと思うと、その成分を化粧品に入れるのが難しかったということ。

ハイドロキノンが入るということは、ものすごく活気的で新しい技術なんですね。

ゲルがぴたっと肌に貼りついて、まずは1回目の作用、時間差でもっと肌の奥深くに作用するなんてすごいです。

マイクロカプセル化で低刺激。

イメージ的には薬を飲む時に、まずは胃で外側のカプセル部分が溶かされ、さらに腸で溶けることによって薬の成分が血液と一緒に病巣に届くといった感じでしょうか。

アンプルールは皮膚科医が作ったので、一度使ってみたい

ラグジュアリーホワイトは点と面の効果のWケアで100%の美白ケアとあるので、顔全体によく効きそうだ、この広告をよく読んでみたいと思いした。

先ほど、ハイドロキノンの部分を読んでいたので、最初はハイドロキノンが2回作用することをWケアと言っているのか勘違いしました。

化粧品のパッケージも清潔感のある白や紺を使っていて、デザインも高級ラインというイメージ。

トライアルキットが6,500円相当が1,890円と書いてあるとすごいお得に感じます。

トライアルではない実際の化粧品はいくらくらいするんだろう。
トライアルキットは、あえて何日分とは書いていないのでしょうか。

トライアル7日間のように。

どのくらい使えるのか気になります。

喜びの声では、1週間位で効果があったという方がいたので、せめて1週間は使い続けたいと思います。

皮膚科医が作ったというのも信用できます。

毎日色々な肌の患者さんを見てこられたと思うので、本当によく効くような気がします。

シェアをお願いします。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。