1. ホーム
  2. MiMC
  3. ≫MiMCのミネラルパウダーファンデの使い方と、美白に必要な4つのポイント

MiMCのミネラルパウダーファンデの使い方と、美白に必要な4つのポイント

肌は夏に老ける!?

と言われているとおり、紫外線対策は、重要課題です。

そこでMiMCの美白美容液パウダーで肌に佐賀つきます。

美白&UVの穴とは・・・

肌老化の8割は紫外線が原因・・・
賢いケアは必須!!

肌は夏に老ける?

って本当かな、と思うかもしれませんが、本当です。

フケます。

肌老化の8割は、紫外線が原因です。
紫外線があたらない二の腕や太ももの内側は、自分の肌の実力を示しています。

日焼け止めをラブトキ、SPF値だけで判断している人も多いですが、日焼け止めを塗るだけよりも、パウダーファンデーションを塗ったほうが日焼け止め効果は高いです。

その理由は、

パウダーには、紫外線を跳ね返す力がある


からです。

・メイクの上から塗り直すことができる手軽さ
・厚塗りにならない

この2点からも、今の時代にマッチした日焼け止め対策だと思います。

MiMC ナチュラルホワイトニング ミネラルパウダー サンスクリーン

MiMCナチュラルホワイトニング ミネラルパウダー サンスクリーン

◯美白ルースパウダー(クリアホワイト)
SPF50、PA+++

価格:6,300円
医薬部外品
MiMC

粒子の細かいミネラルパウダーで何度重ねても白浮きすることなく、肌の透明感をアップします。

美白有効成分がメラニンの生成を抑えてシミ、そばかすを防ぎます。

◯美白ルースパウダーB
SPF50、PA+++
価格:6,300円
医薬部外品
MiMC

強力な紫外線カットをする効果がありながら、肌に溶け込む粉雪のような質感の美白ルースパウダー。

色ムラやくすみを自然にカバーするピュアベージュ。

手軽に石鹸でメイクオフができます。

MiMC公式サイトを見る

ナチュラルホワイトニングミネラルパウダーの使い方

手の甲でパウダーの量を調整

肌に直接のせる前に、手の甲で一度パウダーの量を調整してからのせるとスムーズにのります。


肌の中央に直接オン!

肌面積の広いパーツからのせていきます。

まずは頬の高い一にポンポンと軽く肌に馴染ませます。


パウダーをスライドさせます

頬からフェイスラインに向かってスーーッっとスライドさせるようなじませるとムラ塗り防止に。

日焼け止め対策と美白でチェックすべき4つのポイント

肌からもビタミンCが必要な理由

紫外線対策に有効な成分は、なんといっても「ビタミンC」です。

美白や肌を引き締めたり、肌にハリを与えてくれる成分です。

パウダーで塗り直すたびに美白有効成分のビタミンC誘導体(ビタミンCリン酸Mg)を肌の外側からチャージします。

同時にUVカット効果が叶うのは、MiMCの粉雪パウダーだからこそ。


実は、日中が一番、肌負担が大きい!

朝と夜の美白ケアには余念がないのに、肌にとって一番負担が多い日中のケアを見落としている人が・・・

日常生活の中でうっかり日焼けをしてしまう人は、意外と多いです。

紫外線の怖いところは、日々蓄積されること。

だから、日中のケアを怠ってはいけません。


日中のメイク直しにはパウダーが正解!?

日中に日焼け止めを塗り直すのは、正直、なかなか難しいですよね。。。

実は、強力な紫外線をカットし、メイクの上から塗り直しができるパウダーが日中ケアには、有効です。

パウダーは、手軽、かつ紫外線カットの効果が高い。

肌への負担も少ないので、厚塗りにならない点からも一番使いやすいです。


使い方次第で下地にもフィニッシャーにも

肌に溶け込むような質感なので、フィニッシュパウダーの下地としても万能な役割を果たしてくれます。

スキンケア後にパウダーをのせると、ミネラルが油分をコントロールして、しっとりと潤いながらサラッとした質感に。


MiMC公式サイトを見る

シェアをお願いします。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。