1. ホーム
  2. ポーラ ホワイトショット
  3. ≫シミ予防と言えばメラニンを抑制する!を覆したポーラホワイトショットが凄い理由

シミ予防と言えばメラニンを抑制する!を覆したポーラホワイトショットが凄い理由

メラニンを抑制する!といった手法が主流だったけど

そもそも美白とはメラニンの抑制を抑えるといった手法が主流でしたが、ホワイトショットはそれだけではありません。

メラニン生成へアプローチする美白はかなりのレベルまで来ています。
そこで子供のころには例え日焼けしてもシミにはならず、元の肌色に戻っていたことに着眼しました。

メラニンをよーーく観察してみると、核を守るために大きな塊となっています。

これをメラニンキャップと呼びます。

肌表面へ移行するにつれ、普通は消えていきます。
しかし、シミのある部分ではメラニンキャップが居座っているんです。

表皮細胞にはメラニンを粉砕・消化するオートファジーという働きもありますが、メラニンキャップが分解されないままだとそれも機能しません。

なぜ、分解できないのか?

メラノソームが過酸化脂質によってくっつき、肥大化しているので、なかなか頑固なんです。

油汚れのようにしつこく張り付いてしまうイメージです。
ホワイトショットは、この過酸化メラニンキャップの分解にアプローチした美白です。

「こびりついた古い脂をどう落とすか!」

コレがカギです。

今までの美白の主流を覆したポーラのセルフクリア機能

美白効果

従来の美白研究は、過剰なメラニンの生成抑制が主流でした。
今回ポーラが新たに着目したのが、「セルフクリア機能」です。

実は私たちの肌には、過剰に出来てしまったメラニンを自ら分解し、見えないほど細かくするチカラがありました。

分解できないままだと、肌がメラニンを溜め込み、シミやくすみの原因になります。

セルフクリア機能は、歳を重ねると低下する!!

特に26歳と42歳が要注意。

子供の時は、夏の日差しを浴びて日焼けしても冬になる頃には元の肌色に戻っていたのに、大人になると戻らない。

これもセルフクリア機能の低下が関連しています。

加齢や生活習慣、過去の紫外線ダメージなどが要因となってセルフクリア機能は低下しますが、特に26歳、42歳の前後に大きく変化することもわかっています。

あなたのセルフクリア機能は?簡単チェック!

以下の2つ以上に当てはまると、セルフクリア機能が低下しているかも・・・

□ 外出やレジャーで紫外線を浴びることが多い
□ ストレスが多い
□ タバコを吸う
□ 睡眠不足である
□ 26歳以上である
□ もともとの肌が白く、白ヤケをしたら赤くなりやすい
□ 10年前と比べて日ヤケ跡が残りやすくなった
□ 敏感肌である・敏感気味になることがある

ダイエット発想の美白を

セルフクリア機能 + メラニンロック機能

ダイエットは、「食事制限」と「燃やせる身体づくり」が大事なように、これからの美白も両輪で行うことが主流になります。

脂肪のもとを減らす食事制限にあたるのがメラニンを抑制する「メラニンロック機能」です。

食べても太りにくい燃やせる身体づくりにあたるのが「セルフクリア機能」です。

ポーラはこの両輪で、女性たちの美白の夢を叶えます。

ヒトがもつ美白潜在能力を活かす

ポーラ研究所担当者のコメント!

私たちはメラニン抑制の研究を重ね2012年、世界的な学会”IFSCC”で最優秀賞を受賞しました。

頂点を極め、心から嬉しかったと同時に戸惑いも覚えました。

次は何を目指すべきだろうか?と・・・。

そんな中、IFSCCの開催地だったアフリカの地でインスピレーションをもらったのです。
人類発祥の洞窟を訪れ、ヒトの祖先がった2本の足で世界中に広がり今があることに深く感動した時。

ヒトは想像もつかない力を秘めているのではないか、美白にもヒトがもつ力を活かせないか?と。

これがセルフクリア機能発見の第一歩となりました。

ポーラホワイトショットが人気の3つの理由

美白ポイント

過脂化メラニンキャップ

表皮細胞内のメラニンキャップが過酸化脂質により、色が濃く、より巨大な構造体「過脂化メラニンキャップ」に変化。

これは表皮細胞が分化する際にも分解されにくく、肌内部に蓄積されるため、頑固なシミ化の一因にも。

シミの攻略には過脂化メラニンキャップをマークするべし!


ショットデリバリー処方

ポーラの剤形の強みは狙ったところにいかに効かせるか、にあります。

今回のホワイトショットでもメラニンキャップが存在する場所に成分を届けるためにカプセル化しました。

すっとなじむCXとピタっと密着するSXという違いはあれど、美白有効成分を効率良く送り込んでいます。


セルフクリア機能

メラニンキャップは大切な細胞の核を守るためにある段階までは必要なものです。

表皮細胞が分化するにつれ、核も消失します。

そうなると肌は不要なメラニンキャップを自らの力で代謝します。

このセルフクリア機能に着目。

ビワの葉から抽出したのがポーラ独自の美容成分SCリキッドです。

ホワイトショットは、ベストコスメ2015 上半期・年間 W受賞!

みんなが憧れる、THE ベストコスメ受賞美白

誰もが正解を探している美白コスメ。
その一つの応えがベストコスメだとするなら、ポーラのホワイトショットは試すに値するはずです。

美白にこだわる人が惚れたポーラ先進の美白。
美白ケアのモヤモヤを晴らすなら、昨年から人気のこのコスメしかありません。

美白に関心が集まる上半期だけでなく、年間も制したという実績からもいかにホワイトショットが美容のプロたちから熱い支持を集めたかわかるはずです。

VOCEの2冠、隠しで獲ったベストコスメ31冠はダテじゃありません!

◯山本さん 美容家

ファンデーションの色を替えました

ホワイトショットCXはみずみずしいテクスチャーながら、後肌がしっとりつややか。
使い続けていたら肌のトーンがあがり、ファンデーションの色を替えたほど。

肌本来が持っている力にアプローチする美白は自然かつ論理的で納得です。

◯植松さん ファッションプロデューサー

シミを濃くしたくない僕の、本気の選択

レーザーで簡単に消せる時代といっても、意外にも僕は美白ケアは化粧品でする派です。
ホワイトショットは日本人の肌や気候を真摯に研究し続けてきたポーラの美白の先進版です。
それは、もう信頼しています。

◯平さん ビューティーエディター・ライター

頬のあたりのモヤモヤがクリアに

シャバッとした質感で肌にスーーーッとなじむホワイトショットCXが好きです。
美容液だけど化粧水感覚で使える、わざわざ感がないので美白ケアが億劫になりません。

日焼けしても元の肌色に戻る子供の頃の肌機能に着眼した点に拍手!

◯岡部さん ビューティーサイエンティスト

メラニン消去機能に着目した理論に共感

従来、注目されていなかった表皮のメラニンを消す力にスポットを当てた点に共感しました。
それを「セルフクリア機能」と名付けたセンスもいいですね。

みずみずしいホワイトショットCXとコクのあるホワイトショットSX。
使い分けやすい感触の作りも上手い。

ポーラホワイトショットの本音口コミ

◯ホワイトショットSX(医薬部外品)

ポーラホワイトショットSX

-気になる部分に一直線-

肌(角層)の「セルフクリア機能」と、「過酸化メラニンキャップ」に着目。
気になる部分にぴたりと密着する「ショットデリバリー処方」を採用。

美白有効成分をじっくり届ける。

密着性の高いエマルジョンで気になる部分にピタッと留まる。
効かせたい部分を狙い撃ち。

気になる1点にピタっ。「密着ショット感触」の美白美容液。

「可視化」にも着目。
コクのあるクリームが気になる部分に長時間とどまって、美白有効成分をじっくり届けます。

41歳 A 34歳 B 32歳 C
◯×
期間 2017年3月~6月 2015年11月から現在も使用中 2016年7月~2017年1月
実感 3か月目に突入したころに、美白の効果を感じるようになり、家族からもそのことを指摘されるようになりました。 2年弱使い続けて、ビフォーアフターの写真を見比べると確実にシミが薄くなりました。 シミの具合が良くなった。若干薄まった。
最初の印象 ホワイトショットSXはサラリとした手触りで、とても伸びがよく使い心地がよかったです。 高い! シミに塗るとしっかり浸透してって、これは良さげと思いましたね。
肌悩み 最近は、ひどい乾燥肌からくる色素沈着にも悩まされています。 しみくすみそばかす 20代からどんどん広がった頬にあるシミが悩みです。
星評価 星4個4 星5個5 星3個3
詳細レビュー 詳細へ 詳細へ 詳細へ

ポーラホワイトショットSX公式サイトを見る

◯ホワイトショットCX

ポーラホワイトショットCX

-まっさらに科学ような肌を目指す-

肌の「セルフクリア機能」に着目し、まっさらに科学ような肌を目指します。
角層の隅々まで行き渡る「ショットデリバリー処方」を採用。

肌がほぐされ、満たされます。

ナノカプセルを採用、美白有効成分を角層奥へと届けます。

スーーっとなじむ「浸透嫉妬感触」の美白美容液

独自のショットデリバリー処方を採用。
美白有効成分ルシノール、オリジナル美容成分SCリキッドなどが肌(角層)に浸透し、透明感を引き出します。

30歳 A 38歳 B 30歳 C
◯×
期間 2015年7月~2016年3月 2016年9月から現在も使用中 2016年7月~2017年1月
実感 やはり、夏場はどうしても日焼けをしてしまいましたが、冬の間に戻るのが早かったような気がします。 即効性はないものの、使い続けることによってくすみが軽くなり、肌色が明るくなってきました。シミは薄く! 白くなる、というよりも、肌が明るくなって透明感が出ました。
最初の印象 とても滑らかで肌に馴染みやすい印象でした。 美白美容液というとトロ~ッとしているイメージがあったのですが、ホワイトショットCXはどちらかというとサラッとしていて、大丈夫かな、と少し不安になりました。 特徴がないな、というのが第一印象です。
肌悩み 乾燥肌で肌荒れに繋がったり、くすみが出やすい。 シミがポツポツできてきたのと、顔全体がくすんだように冴えない色なのがいやでした。 一番の悩みは乾燥です。
星評価 星5個5 星45個4.5 星3個3
詳細レビュー 詳細へ 詳細へ 詳細へ

ポーラホワイトショットCX公式サイトを見る

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。