1. ホーム
  2. ポーラ ホワイトショット
  3. ≫シミが消えにくい理由!肌が美白する力を引き出し美白するコスメ選び

シミが消えにくい理由!肌が美白する力を引き出し美白するコスメ選び

シミが消えにくい

夏場になると、ランニング趣味の人や外で遊ぶ人に、腕が日焼けして、急にシミが増えてしまって・・・
という人も多いはずです。

白くて美しい肌をキープしたい時は、どうしたらいいでしょうか?

という質問をいただく事が多くあります。

まずは、「日焼け」と「シミ」の違いから理解する必要があります。

日焼けした肌は、そのうち元の肌色に戻ります。

しかし、シミは戻りません。

日焼けが薄くなるのは人間がもともと持つシステムのおかげで、紫外線を浴びなくなれば、メラニンを過剰につくるスイッチをオフにできるからです。

また、過剰なメラニンを肌の代謝(ターンオーバー)によって排出できるからです。
さらに、肌自らがメラニンを分解できることも発見されています。

この肌自らがメラニンを分解する機能を「セルフクリア機能」と言います。

シミが消えにくい理由とは

シミが消えにくい

シミが周囲の肌に比べてそこだけ濃く見えているのは、過剰なメラニンが蓄積しているためです。

メラニンが過剰に作られ続けて、ターンオーバーで排出できないからです。

つまり、セルフクリア機能が正しく働いていない状態です。

これまでの美白化粧品は、大きく2つの働きに注目していました。

1.過剰なメラニンを作らせないようにすること

2.隠そうに含まれる過剰なメラニンが排出されるのをサポートすること

肌にメラニンが蓄積されるのを抑制することが目的でした。

ダイエットに例えると、過剰なメラニンを作らせないのには、食事制限、過剰なメラニンの排出を促すのは、便秘予防と言えます。

これらの従来のアプローチに加えて、ポーラのホワイトショットでは、できたメラニンを分解・消化するセルフクリア機能を強化する事が必要だと考えました。

ダイエットで言うところの、脂肪を燃焼しやすい体質を作る、という事です。

自分が持つ美白する力を強化する、という意味です。

シミとして見えているのは「メラニンキャップ」

メラニン

実は、メラニン一つ一つはとても小さいのですが、肌細胞の核を守るように集まって、「メラニンキャップ」という集合体を作り、それがシミや肌色に大きく影響しています。

通常の肌ではメラニンキャップは表皮の下層で存在する一方、上層では確認されていません。

そこにポーラは気づいて研究を重ねた結果、ターンオーバーによって肌細胞が表皮の上層へ移動するときにメラニンキャップが分解・消化されることがわかりました。

肌が本来持っているその機能が、セルフクリア機能です。

メラニンのセルフクリア機能とは?

輝く白さを求めるなら!あなたの肌の「洗剤美白力」を引き出す

肌は自ら白く美しくなる力を持っています。
それを高めることができれば、シミに負けない肌へ。

日焼けや虫刺されの跡が戻りにくくなった人は、すでに美白力が低下気味かもしれません。

肌にはシミの元を分解する力がある

シミ=メラニンというイメージを持っていますか?

実は、厳密には、それは間違いです。

シミ=メラニンキャップ

が正解です。

メラニンキャップとは紫外線から未熟な細胞の核を保護するためにメラニンが集まって作られるもの。
細胞が成熟し役目を終えると、セルフクリア機能により自己分解されます。

これが分解されず残ってしまうと肌の色調に影響が出ます。

実は、このセルフクリア機能こそ、肌が本来持つ美白力のキーとなります。

でもこの機能は加齢やストレスなどの影響を受けやすく、特に26歳と42歳で機能が急低下するという驚きのデータも。。。

またメラニンキャップが過脂化すると、より大きくなり分解されにくくなります。

肌が乾燥することでもセルフクリア機能はダウンします。

日々のケアを見直したり、サプリなどを取り入れて内と外、ダブルのアプローチをしましょう。

黄ぐすみが気になる人は糖化ケアも視野に入れましょう。

メラニンへのアプローチが復号化してきたのも最近の美白の傾向です。

従来は、メラニンの過剰生成をブロックする方法が主流でしたが、今は多方向からのアプローチでより高度な美白が叶う時代です。

セルフクリア機能が高い美白体質を目指す!

年齢を重ねたり、紫外線を浴びたり、ストレスなどで活性酸素が増えたりすると、セルフクリア機能は低下します。

特に注意したいのは、

26歳

42歳

です。

この2段階でセルフクリア機能が大きく低下するというデータがあります。
日焼け跡が残りやすくなったと思った人は、注意しましょう。

ビワの葉から抽出した成分「SCリキッド」は、セルフクリア機能が低下した細胞をサポートします。

過剰なメラニンを作らせないとか排出を促すといった、これまでの作用と合わせるとかなりいい結果が得られます。

また、美白化粧品にプラスして、サプリメントなどによるインナーケアもオススメです。

腐らないメロンから抽出した成分「メロングリソディン」は、活性酸素によってセルフクリア機能が働きにくくなった状態にアプローチ出来ます。

外から中から、しっかりアプローチしましょう。

ポーラホワイトショットには、セルフクリア機能が!

◯ポーラホワイトショットCX

ポーラホワイトショットCX

スピーディに浸透し、まっさらな白肌へ

従来のメラニンの生成抑制に加え肌(角層)のセルフクリア機能に新着目。
びわの葉由来のオリジナル美容成分を配合し、透明感のある肌に導きます。

シャバシャバ、浸透性good

まるで化粧水みたい!

<ポーラホワイトショットCXを使った口コミ>

-女性-

趣味のサーフィンでできてしまったシミが明るくなってびっくり!
美白研究に基づいた製品と聞き、納得。

日焼けによるカサつきも防いでくれます。

-女性-

使い始めてすぐ、肌全体が発光したようにトーンアップ!

肌がなめらかになり、毛穴の影まで気にならなくなったのには感動

公式サイトを見る

3人で口コミ4.2点の中身を見る

◯ポーラホワイトショット SX

ポーラホワイトショットSX

ポツンと気になる部分に高密着してデリバリー

しつこいシミの原因となる、過脂化メラニンキャップにも着目。
コクのあるクリーム状で、有効成分をじっくり届けます。

<ポーラホワイトショットSXを使った口コミ>

-36歳 女性-

チューブに入っていて、柔らかいクリーム状。
頬のあたりにちょんちょんとつけて、らせんをえがくようにくるくるなじませると、本当にあっという間に浸透していきます。

いい商品なんだろうなと実感できます。

つけた後はちょっとしたラメ感があり、肌表面がキラキラと輝く感じ。
化粧水をたっぷりつけてこれを使うと、肌がキレイな雰囲気に見えます。

なじみがいい美容液でキメは細かくなってはいます。

-50代 女性-
気になるスポットを狙ってケアできる!

もっちりコクのあるテクスチャーで、気になるスポットに”盛りのせ”も可能です。
密着感も期待以上です。


公式サイトを見る

3人が実感した本音口コミを見る

◯ポーラホワイトショット インナーロック

ポーラホワイトショットインナーロック

毎日コツコツ続けて内側からアプローチ

通常の7〜8倍の抗酸化力を持つメロン由来成分や独自成分をバランスよく配合しています。
パウチタイプで携帯にも便利です。

<ポーラインナーロックを使った口コミ>

-50代 女性-

仕事で寝不足の時、飲みました。
短時間睡眠でも、透明感をキープしたい時にいいですね。

-50代 女性-

新しく進化したので、これまで以上の実感を期待して飲んでいます。
飲みにくさもないし、長く続けれそうです。

公式サイトを見る

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。